トラブル事例

当センターへの「住宅ローンと離婚」トラブル事例をご相談の多い順に並び替えると、このような結果になりました。

1位. 元夫(妻)が保証人もしくは連帯保証人となっているが、そのままにしてある。

2位. 住宅の所有権が元夫(妻)と共有名義になっているが解消方法がわからない。

3位. 家を売りたいが住宅ローンが残っている。

4位. 離婚したが、慰謝料がもらえないのでそのまま家に住み続けたい。もしくは住み続けている。

一見取り急ぎ何か対処しなくてもよいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、プロの視点から見た場合、「債務者(住宅ローンの契約者)が住宅ローンの支払いを止めた時」が一番問題となってきます。
「離婚したからもう関係ない」と思われていませんか?実は、住宅ローンと離婚の問題はそう簡単ではないのが現状です。何が問題なのかトラブル別にみていきたいと思います。

CASE1.元夫(妻)が保証人もしくは連帯保証人になっているが、そのままにしてある。

この権利関係の解消方法は3つしかありません。

  • 1.住宅ローンの借り換え
  • 2.連帯債務や連帯保証を他の人に代わってもらう
  • 3.共有名義をどちらか一方に統一する
1.住宅ローンの借り換え
夫妻が住宅ローン名義人(連帯債務者)である場合、離婚をきっかけに夫婦どちらかが住宅ローンを払っていく場合、ローンそのものを借り換えるという方法があります。
これが出来れば、夫婦で組んでいた住宅ローンは、借り換えによって完済されるので、 名義変更等の問題は解決されます。しかしながら、もともと二人の収入で組まれていたローンなので、単独で審査した場合、必ずしもローンが組めるとは言えないかもしれません。
2.連帯債務や連帯保証を他の人に代わってもらう
離婚時に夫婦のどちらかが、連帯債務から外れたいと思った時、自分の代わりに連帯債務者になってくれる人を立てることで、解決する場合があります。
ただし、身代わりになってくれる人が現れたとしても、連帯債務者の変更を認めるかどうかは、銀行による判断になりますので注意が必要です。一度、連帯債務者を変更できるかどうかを銀行に相談してみてください。

3.共有名義をどちらか一方に統一する
夫婦が連帯債務を負っている場合、共有名義をどちらかの名義に統一させることはできます。その場合、名義人となる人(夫か妻)の収入や住宅ローンの返済能力等を銀行が審査し、審査を通過した場合に限ります。

CASE2.住宅の所有権が元夫(妻)と共有名義になっているが解消方法がわからない。

この場合は上記の「共有名義をどちらか一方に統一する」を参考にしてください。基本的に住宅ローンが完済されている場合は問題ないのですが、住宅ローンが残っている場合は
銀行の判断で解消できるかどうかが決まってしまいます。

解消できない場合は、他の方法(任意売却等)を検討されてはいかがでしょうか。

CASE3.家を売りたいが住宅ローンが残っている。

このような状況をオーバローンといいます。
家を売ってもローンが残ってしまうので、残債を支払っていかなければなりません。住宅ローンを夫婦で組まれている場合や、どちらかが連帯債務を負われている場合は両方に支払い義務が生じます。
また、基本的に残債が残っている場合は不動産の売却ができません。離婚という複雑な環境では、一刻も早く問題を解決したいと考えていらっしゃると思います。
そんな場合に「任意売却」という方法をご提案しております。

CASE4.離婚したが、慰謝料がもらえないのでそのまま家に住み続けたい。

離婚時に住宅ローンが残っていて、なおかつ、オーバーローンで債務が残っている場合は、そのまま支払いつづけるか、任意売却等で処分する方法があります。
そのまま支払い続けられれば良いのですが、支払いが困難な場合は「競売」や「任意売却」処分となり、ご自宅から出ていかなければならなくなります。

しかし、お子様の学校の事情や高齢者がいるため環境を変えたくない等の事情により、そのまま住み続けたいという方もいらっしゃるのではないのでしょうか
そんな時は「リースバック」をお勧めいたします。

リースバック」とは、買主の協力を得て、ご自身が賃貸物件として家賃を支払う約束を交わし、売却するシステムです。
もちろん家賃を支払う契約ですので、家賃を支払う限り、そのまま今までと同様住み続けることが可能です。

離婚時の住宅ローントラブル解決方法

下記ページでも離婚に関する住宅ローントラブルの解決方法をご案内しています。

任意売却についての詳しい情報は弊社運営サイト「ニンバイ.net」をご覧ください。


住宅ローンと離婚トラブル
に関する豆知識
夫婦間のローントラブル~連帯保証人から外れることができない~
離婚後の住宅ローン、出て行く夫に払ってもらって本当に大丈夫?
離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?
離婚は長期計画で進める
憧れの新築マンション生活から一転離婚へ 夫婦がとった選択とは
アンダーローンの場合、財産分与はどうなるか
「離婚後、ローンの残る家に住み続ける場合、絶対にしてはいけない事」
ご存じ?「早期離婚」でのトラブル
離婚時は冷静に
養育費と住宅ローン
離婚と財産分与について
オーバーローンの場合の財産分与方法
アンダーローンの場合の財産分与方法
売却したいがオーバーローンとなってしまったら
競売を回避する方法
滞納してから差押えまでの期間について
離婚と住宅ローンのトラブルと解決法
法律家に相談する場合の注意点
元夫(妻)が延滞した場合のトラブルについて
任意売却のメリット・デメリット
離婚の場合の任意売却手順
  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローントラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098