住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?

離婚時に住宅を売却できない場合に、他人に賃貸することを考える方もいらっしゃると思います。しかし、住宅ローン返済中の住宅は、金融機関の承諾を得ずに他人に賃貸することはできません。
勝手に賃貸していると、最悪の場合、住宅ローンの一括返済を迫られることもあります。

離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?

離婚するのに家が売れないので落ち着かない…

離婚時に持家やマンションがある場合、離婚後どちらも住み続けるつもりがないときには、どうやって処分するかという問題が出てきます。特に、住宅ローンが残っている場合には、売却しようにもすぐにはできないことがあります。売却してプラスが出るようであれば、売却代金を折半する形でスッキリ別れることもできますが、オーバーローンの場合には売却しても借金が残ってしまいます。
いずれにしろ、離婚と同時にタイミングよく家が売れるとは限りませんから、非常に落ち着かない状態が続いてしまうことになります。

家が売れなかったら他人に貸した方がいい?

夫婦とも自宅を出て行く場合、離婚後も家が売れなければ、家は空なのに住宅ローンだけが引き落とされる状態になってしまいます。
こうしたことから、離婚後の住宅を他人に賃貸することを思いつく方もいらっしゃるでしょう。他人に賃貸すれば家賃が入ってきますから、それを住宅ローンの返済に充てることもできるからです。

住宅ローン返済中に他人に貸すのは問題アリ

住宅ローン返済中の住宅を賃貸するのは、本来NGです。住宅ローンというのは、本人が住むという条件付きで、金融機関が低金利で融資してくれるローンです。ですから、自分が住むのでなく他人に貸すという場合には、賃貸物件用のローンに借り換えるのが原則になります。金融機関によって対応は違いますが、承諾を得ないまま住宅ローン返済中の住宅を賃貸していると、契約違反として残債の一括返済を要求される可能性もあります。

オーバーローンの住宅でも売却できる場合がある

住宅がオーバーローンとなっている場合には、通常売却はできませんが、任意売却という方法により売却が可能なケースがあります。任意売却では、債権者である金融機関と交渉しながら手続きを行いますから、契約違反になる心配もありません。うまくいけば借金もなくなり、住宅を清算してスッキリ離婚することも可能になります。

当センターでは、任意売却のサポートを行っています。また、不動産を手放さず賃貸したいという方のご相談にも応じています。
離婚時の住宅ローンの問題でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。