住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

アンダーローンの場合、財産分与はどうなるか

住宅ローンの残債が物件価値より低いことを「アンダーローン」といいます。
この場合、家を売却した時と、離婚後どちらかが住み続けた時、具体的にどのような金額が発生するのか、負担しないとけなくなるのか、お話ししたいと思います。

アンダーローンの家を売却する場合

売却代金からローン残債を引いた残りの金額を財産分与の割合が半分の場合、2分の1ずつ分配します。
例えば、ローン残高が1.500万円のマンションを2.500万円で売却した場合、差額の1.000万円から500万円ずつ夫婦で分配することになります。

アンダーローンの家に住み続ける場合

離婚後、夫婦どちらかが自宅に住み続ける場合はどうなるのでしょうか。

所有権、ローンの名義が夫のマンションに夫が住み続ける場合

共有財産を半分ずつ取得できるのでマンションに住まない妻が、このマンションの価値1.000万円のうち、500万円を取得することができる場合があります。
しかし、この場合、マンションを売却しないので500万円を他から用意する必要があります。
一括で受け取れない場合などは分割払いにすることになると思いますが、将来支払いが滞った時、強制執行(差し押さえ)できるように公正証書を作成することをお勧めします。

所有権、ローンの名義が夫のマンションに妻が住み続ける場合

こちらも上記と同じく売却益を分割する必要がある他に、慰謝料として相殺する場合もあるようです。
但し、住宅ローンを妻名義に変更するのは、ほとんどの場合難しいため夫名義のまま妻が住み続けることになります。夫が住宅ローンを支払う場合、最後まで支払ってくれるかどうかの不安がつきまといます。
また、不動産名義を変更しないと、勝手に売却されてしまったというトラブルもあります。