住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

養育費と住宅ローン

離婚の際、自宅を売却せずに住宅ローンを払い続け、なおかつ、慰謝料や養育費も支払わなければならないというケースがあります。
しかしながら、よっぽど余裕がない限りは、すべてを支払い続けるということは困難です。

住宅ローンの支払いが遅れると金融機関より督促状が届きます。
その際、共同名義者や連帯債務者、連帯保証人等にもその通知が届き、支払い義務が生じます。
もし、離婚した相手がその立場だった場合、その方にも督促状が届くわけです。

その後、支払いが延滞してくると最終的には「競売」にかけられ、離婚した相手が住んでいるのであれば、強制退去することになります。

離婚した相手の信用を落とし、住むところも奪ってしまいかねないのです。

そのような最悪の事態にならない為には、住宅ローンの支払いが困難になりそうだと分かった時に専門家へ相談しましょう。
早ければ早いほど、解決に時間がかからず、ダメージが少ない状態で解決できます。
一人で抱え込むには、とてもリスクが高いことであることを認識してください。