住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

離婚と財産分与について

住宅購入していた夫婦が離婚をする場合、住宅ローンが残っている場合は多くあります。その際の財産分与はどうなるのでしょうか。

基本的には住宅を売却し、ローンを完済するのですが・・・

1.売却額が住宅ローンの残債より多い場合。

この場合は、住宅を売却し、残りは財産として夫婦で配分します。

2.売却額が住宅ローンの残債より少ない場合。

この場合は、基本的に住宅を売却することはできません。
※不足分を払うことができたら売却は可能です。ですので、完済するまで住宅ローンを支払い続けなければなりません。

しかしながら、養育費や慰謝料とともに住宅ローンを払いつづけるのは困難なことです。
住宅ローンを支払わなければ、金融機関から督促状等が届き、最終的には「競売」になってしまいます。

そうならない為には、自分たちで解決しようと考えず、専門家に相談してみましょう。