住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

法律家に相談する場合の注意点

住宅ローンにお悩みの場合の相談先として、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することが考えられます。
確かに法律を駆使して解決する場合も多いため、間違いではありませんが、少し注意していただきたい点があります。

法律の専門家だが、不動産関係の専門知識が乏しいケース

いくら弁護士や司法書士だからといって、すべてに万能である訳ではありません。不動産関係に弱く、住宅ローン問題に陥った場合に法的手続きである「自己破産」や「個人民事再生」だけを簡単に勧め、「任意売却」といった手段があるにもかかわらず、その方法を選択させない、あるいは債権者との難しい交渉をするノウハウがないため任意売却を勧められないといったケースがあるようです。

このような場合を防ぐためにも、任意売却を得意にしている法律家、もしくは任意売却を専門にしている不動産業者で法律の専門家と連携を密にしている業者を選ぶようにしましょう。

当サポートセンターでは、任意売却専門の不動産専門家と法律家が連携し、状況やご希望に合わせた最善の対処方法をご提案いたします。