住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

売却したいがオーバーローンとなってしまったら

住宅を売却した場合、その売却額でローンの残債すべてを支払うことができず、借金が残ってしまうことを「オーバーローン」といいます。

なぜ、そのような状況になってしまうのでしょうか。

その原因は、住宅購入時の頭金が少ない場合が多いと言われています。全額ローンで土地と住宅を新築で購入した場合を仮定すると、ローン開始時点で土地と住宅を売却したとしても、新築の価格と比較した場合安い値段で売却することになると考えられますので残債が残ることになります。また、金利の分は当然ローンの方が多くなってしまいます。
このことから、頭金が少ないと新築との価格差・金利の面からオーバーローン状態になる可能性があります。

頭金をそれなりに支払っていたとしても、住宅の価値は少しずつ下がっていき、土地の価値も状況によって変動するので、オーバーローンになるケースは少なくありません。

任意売却オーバーローン分を交渉することができます

任意売却なら、オーバーローンでも大丈夫です。
債権者と住宅ローン返済や税金滞納解除等の交渉を行うことによって残債が残らず売却でき、引越費用を捻出できる可能性があります。

もちろん、この交渉は任意売却の専門家でなければ非常に困難です。
当センターは不動産や法律家など任意売却の専門家が対応し解決へ向かうお手伝いをさせていただきます。
まずは無料相談からお気軽にご相談ください。