住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

元夫(妻)が延滞した場合のトラブルについて

離婚の際、「慰謝料の代わりに住み続けることになった」、「自分は出ていくことになり、家には相手が住み、住宅ローンの支払いも相手が行う」ということをよくお聞きします。

ある意味、解決したように思えますが、ここには大きな落とし穴があります

それは、「相手が住宅ローンを延滞しだした」場合です。

あなたが、共有名義や連帯債務者(住宅ローンを組む際にあなたの収入も合算している)や 連帯保証人になっているのであれば、金融機関から督促状が届いたり、裁判所から競売通知がくるかもしれません。

また、保証人等になっていなくても滞納し続けることにより、「競売」にかかれば、出ていかなければならなくなります。
住んでいるとはいえ、あくまで不動産の所有権は相手にありますから。

そうなる前に専門家に相談してみましょう。「リースバック」「買戻し」等、何か良い方法が見つかると思います。