住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

オーバーローンの場合の財産分与方法

住宅ローンが残っている不動産であっても、離婚時には財産分与の対象になります。
まずは、住宅ローンの残債と不動産の売却額の比較をしてみましょう。

住宅ローンの残債より不動産の売却額が小さい場合を「オーバーローン」といいます。この場合には、家を売ってもローンが残ってしまうため、売却できません。離婚する夫婦もしくはどちらかが、住宅ローンを支払い続けていくことになります。

しかしながら、それでも不動産を売却したいとお思いなら、「任意売却」という方法があります。
住宅ローンと離婚トラブル救急センターでは、このような案件を数多く対応してまいりました。
お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい