住宅ローンと離婚トラブルに関する豆知識

アンダーローンの場合の財産分与方法

住宅ローンが残っている不動産であっても、離婚時には財産分与の対象になります。

まずは、住宅ローンの残債と不動産の売却額の比較をしてみましょう。

住宅ローンの残債より不動産の売却額が大きい場合を「アンダーローン」といいます。
この場合には、不動産の売却代金を住宅ローンの残債に充てます。
また、それでも残ったお金は財産分与の対象として分配されます。