任意売却をお考えの方へ

任意売却とは、その言葉の通り「任意」、つまり金融機関などから強制されることなく自分の意志によって不動産を売却することです。

自宅など不動産を購入する場合、銀行などの金融機関から融資を受け、その不動産ローンを月々返済する事になると思います。

しかし、収入や支出が変わってしまったなど様々なご事情でローンの支払いが困難になり、滞納するようになると、融資をしている債権者や抵当権者は強制的に貸したお金の一括返済を請求し、不動産を叩き売ってでも回収を図ろうとします。

そこで債務者と、債権者である各金融機関との間に仲介者が入り、不動産を競売処理される前に交渉し、双方合意のもと、その不動産を一般物件と同じように自分の意志で売却できるようにします。
そのため売却価格が相場とあまり変わらない価格で売却することができます

任意売却でできること

他では詳しく教えてくれない、「任意売却でできること!!」をご紹介いたします。

1.リースバック

2.自宅の買戻し

3.不動産の買取

本当はそのまま住み続けたい、子供の学校区をかえたくない、家を子供に残したい、絶対競売にしたくない、等のご希望も叶えることができる方法です。

他にもメリットが多い任意売却ですが(詳しくは弊社サイト「ニンバイ.net 任意売却のメリット・デメリット」をご覧ください)、
さまざまな手間がかかってしまったり、競売となってしまうと取り下げを成立させるために難しい交渉が必要となってしまったりするのが現実です。

当センターでは、任意売却を成功させるためには、なるべく早い段階で専門家・専門スタッフに相談することを推進しています。

住宅ローントラブルによる任意売却のさらに詳しい情報は弊社運営サイト「ニンバイ.net」をご覧ください。

住宅ローンと離婚トラブル
に関する豆知識
夫婦間のローントラブル~連帯保証人から外れることができない~
離婚後の住宅ローン、出て行く夫に払ってもらって本当に大丈夫?
離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?
離婚は長期計画で進める
憧れの新築マンション生活から一転離婚へ 夫婦がとった選択とは
アンダーローンの場合、財産分与はどうなるか
「離婚後、ローンの残る家に住み続ける場合、絶対にしてはいけない事」
ご存じ?「早期離婚」でのトラブル
離婚時は冷静に
養育費と住宅ローン
離婚と財産分与について
オーバーローンの場合の財産分与方法
アンダーローンの場合の財産分与方法
売却したいがオーバーローンとなってしまったら
競売を回避する方法
滞納してから差押えまでの期間について
離婚と住宅ローンのトラブルと解決法
法律家に相談する場合の注意点
元夫(妻)が延滞した場合のトラブルについて
任意売却のメリット・デメリット
離婚の場合の任意売却手順
  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローントラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098