連帯債務を解消したい方へ

離婚時に住宅ローンの連帯債務を解除する場合は銀行との交渉が必要になります。
住宅ローンが残っている場合、離婚したとはいえ、連帯債務は残っています。
銀行との交渉(繰上返済で借入残高を減らすなどの条件つき)で連帯債務を解除できる場合もありますが、ほとんどの場合は難しいでしょう

連帯債務を解消する方法

  • 住宅ローンの借り換え
  • 連帯債務や連帯保証を他の人に代わってもらう
  • 共有名義をどちらか一方に統一する

しかしながら、上記の方法でも解決しない場合があります。

そんな場合は「任意売却」や「リースバック」で対応しましょう。

離婚後の住宅ローントラブルによる任意売却のさらに詳しい情報は弊社運営サイト「ニンバイ.net」をご覧ください。


住宅ローンと離婚トラブル
に関する豆知識
夫婦間のローントラブル~連帯保証人から外れることができない~
離婚後の住宅ローン、出て行く夫に払ってもらって本当に大丈夫?
離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?
離婚は長期計画で進める
憧れの新築マンション生活から一転離婚へ 夫婦がとった選択とは
アンダーローンの場合、財産分与はどうなるか
「離婚後、ローンの残る家に住み続ける場合、絶対にしてはいけない事」
ご存じ?「早期離婚」でのトラブル
離婚時は冷静に
養育費と住宅ローン
離婚と財産分与について
オーバーローンの場合の財産分与方法
アンダーローンの場合の財産分与方法
売却したいがオーバーローンとなってしまったら
競売を回避する方法
滞納してから差押えまでの期間について
離婚と住宅ローンのトラブルと解決法
法律家に相談する場合の注意点
元夫(妻)が延滞した場合のトラブルについて
任意売却のメリット・デメリット
離婚の場合の任意売却手順
  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローントラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098