連帯保証人・保証人を解消したい方へ

住宅ローンを組んだ時に連帯保証人なって、離婚時に連帯保証人を解消したいというご相談がとても多くあります。

連帯保証人が解消される時とは、住宅ローンが完済がされたときです。

しかしながら住宅ローンが残ったまま離婚に踏み切られる方もいらっしゃいます。
そのような場合は、連帯保証人が解消されていないまま、離婚をすることになり、住宅ローン名義人が支払いを延滞した場合、支払い義務が生じるため、名義人に代わり連帯保証人が支払っていかなければなりません。

連帯保証人・保証人を解消できるケース

住宅の所有権が相手(元配偶者)のみの場合

  • 住宅ローンの借り換えを行う。
  • 現在返済中の住宅ローンの残高が、収入合算なしで相手の年収のみでの借り換えが可能である。

物件の所有権が共同名義の場合

  • 物件を売却して住宅ローンを完済する。

上記の場合は連帯保証人を解除することができます。
しかし、売却した金額で住宅ローンが完済できない場合(オーバーローン)の場合

任意売却等の方法で解決することをお勧めします。

詳しくはお問い合わせください。

離婚後の住宅ローントラブルによる任意売却のさらに詳しい情報は弊社運営サイト「ニンバイ.net」をご覧ください。


住宅ローンと離婚トラブル
に関する豆知識
夫婦間のローントラブル~連帯保証人から外れることができない~
離婚後の住宅ローン、出て行く夫に払ってもらって本当に大丈夫?
離婚後住宅ローンが残っている住宅を賃貸できる?
離婚は長期計画で進める
憧れの新築マンション生活から一転離婚へ 夫婦がとった選択とは
アンダーローンの場合、財産分与はどうなるか
「離婚後、ローンの残る家に住み続ける場合、絶対にしてはいけない事」
ご存じ?「早期離婚」でのトラブル
離婚時は冷静に
養育費と住宅ローン
離婚と財産分与について
オーバーローンの場合の財産分与方法
アンダーローンの場合の財産分与方法
売却したいがオーバーローンとなってしまったら
競売を回避する方法
滞納してから差押えまでの期間について
離婚と住宅ローンのトラブルと解決法
法律家に相談する場合の注意点
元夫(妻)が延滞した場合のトラブルについて
任意売却のメリット・デメリット
離婚の場合の任意売却手順
  • 任意売却のことならニンバイ.net
  • 住宅ローントラブル救急センター
  • リースバックサポートセンター
  • オリーブ相談室
  • アースコンサルティングオフィス公式ホームページ
Copyright © 2014 株式会社アースコンサルティングオフィス All Rights Reserved.
〒530-0047 大阪市北区西天満二丁目6番8号 堂島ビルヂング3F STEL:06-6809-1097 FAX06-6809-1098